PDF文書


 馬場孤蝶
  BBK001.pdf:斎藤緑雨略伝
  BBK002.pdf:故斎藤緑雨君

 生田長江
  IKC001.pdf:自然主義論
  IKC002.pdf:「近代」派と「超近代」派との戦
  IKC003.pdf:自然主義前派の跳梁
  IKC004.pdf:虫のいい「人類」その他

 高山樗牛
  TKC002.pdf:滝口入道
  TKC003.pdf:わがそでの記
  TKC004.pdf:美的生活を論ず

 石橋思案校訂
  ISS001.pdf:落噺六義(弘道軒清朝体版)
  ISS002.pdf:軽口噺(弘道軒清朝体版)
  ISS003.pdf:今歳噺(弘道軒清朝体版)
  ISS004.pdf:河童尻子玉(弘道軒清朝体版)
  ISS005.pdf:口拍子(弘道軒清朝体版)

 山田美妙
  YMB001.pdf:夏木立(弘道軒清朝体+変体かな版)

 三田村鳶魚
  MME001.pdf:大衆文芸評判記
  MME002.pdf:時代小説評判記

 徳冨健次郎
  TKR001.pdf:みみずのたはこと

 上田秋成
  UEA001.pdf:雨月物語(弘道軒清朝体版)
  UEA002.pdf:癇癖談(弘道軒清朝体版)

 作者不詳
  XXX001.pdf:仁勢物語(弘道軒清朝体版)
  XXX002.pdf:一寸法師(御伽草子)(弘道軒清朝体版)
  XXX003.pdf:浦嶋太郎(御伽草子)(弘道軒清朝体版)
  XXX004.pdf:ものくさ太郎(御伽草子)(弘道軒清朝体版)

 平賀源内
  HRG001.pdf:長枕褥合戦(弘道軒清朝体版)
  HRG002.pdf:そしり草(弘道軒清朝体版)

 富永仲基
  TMN001.pdf:出定後語(上)
  TMN002.pdf:出定後語(下)

 経典類
  KX001.pdf:鳩摩羅什訳般若心経
  KX002.pdf:玄奘訳般若心経
  KX003.pdf:老子道徳経

 栗生武夫
  KRT001.pdf:一法学者の嘆息 2021/10/31
  KRT002.pdf:法律解釈学の神学性はいかにして始つたか
  KRT003.pdf:註釈学者の群像
  KRT004.pdf:人格権法の発達
  KRT005.pdf:法史学要講
  KRT006.pdf:西洋立法史 2020/05/06

 末広厳太郎
  SHI001.pdf:嘘の効用
  SHI002.pdf:法学入門

 原田慶吉
  HRK001.pdf:ローマ法 2020/08/03
  HRK002.pdf:ローマ法の原理 2020/08/03

 蓑田胸喜
  MNM001.pdf:ナチス思想批判

 大川周明
  OKS001.pdf:日本精神研究 2020/11/14

 九鬼周造
  KKS001.pdf:「いき」の構造
  KKS002.pdf:風流に関する一考察

 九鬼周造(九鬼周造全集・岩波書店より)
  KSZ0302.pdf:実存哲学
  KSZ0303.pdf:人生観
  KSZ0304.pdf:哲学私見
  KSZ0305.pdf:偶然の諸相
  KSZ0307.pdf:形而上学的時間
  KSZ0309.pdf:日本的性格
  KSZ0401.pdf:文学の形而上学

 榊亮三郎
  SKR001.pdf:釈迦仏の世譜につきて
  SKR002.pdf:金剛智三蔵と将軍米准那
  SKR003.pdf:西域記に見えたる薩佗泥湿伐羅の一節

 三木清
  MKK001.pdf:デカルト「省察」 2020/12/27
  MKK002.pdf:史的観念論の諸問題 2020/08/03
  MKK003.pdf:技術哲学 2020/08/30
  MKK004.pdf:パスカルに於ける人間の研究 2020/12/05

 前島密
  MJH001.pdf:漢字御廃止之儀

 西田幾多郎
  NSK001.pdf:善の研究
  NSK002.pdf:ベルクソンの純粋持続
  NSK003.pdf:ベルグソンの哲学的方法論

 和辻哲郎
  WTT001.pdf:面とペルソナ
  WTT002.pdf:偶像再興
  WTT003.pdf:体験と思索
  WTT004.pdf:思索と芸術
  WTT005.pdf:芸術と文化
  WTT006.pdf:仏教哲学に於ける「法」の概念と空の弁証法
  WTT007.pdf:弁証法的神学と国家の倫理
  WTT008.pdf:カントに於ける「人格」と「人類性」
  WTT009.pdf:人間存在考察の出発点について
  WTT010.pdf:飛鳥寧楽時代の政治的理想
  WTT011.pdf:推古時代に於ける仏教受容の仕方について
  WTT012.pdf:源氏物語について
  WTT013.pdf:「もののあはれ」について
  WTT014.pdf:お伽噺としての竹取物語
  WTT015.pdf:東洋美術の『樣式』
  WTT016.pdf:枕草紙について
  WTT017.pdf:日本精神
  WTT018.pdf:日本の文芸と仏教思想
  WTT019.pdf:日本に於ける仏教思想の移植
  WTT020.pdf:日本語と哲学の問題
  WTT021.pdf:現代日本と町人根性 2020/02/08
  WTT022.pdf:仏像の相好に就ての一考察 2020/02/08
  WTT023.pdf:推古天平美術の様式 2020/02/08
  WTT024.pdf:白鳳天平の彫刻と萬葉の短歌 2020/02/08
  WTT025.pdf:萬葉集の歌と古今集の歌との相違について 2020/06/29
  WTT026.pdf:歌舞伎劇に就ての一考察 2020/06/29
  WTT027.pdf:沙門道元 2020/06/29

 波多野精一(波多野精一全集・岩波書店より)
  HSZ0301.pdf:宗教哲学の本質及其根本問題
  HSZ0302.pdf:宗教哲学序論
  HSZ0401.pdf:宗教哲学
  HSZ0501.pdf:時と永遠

 新村出
  SMI001.pdf:馬鹿考
  SMI002.pdf:波行軽唇音沿革考
  SMI003.pdf:国語に於けるFH両音の過渡期
  SMI004.pdf:国号とその称呼
  SMI005.pdf:装釘か装幀か
  SMI006.pdf:色彩空談
  SMI007.pdf:南北に系統を引く日本語
  SMI008.pdf:琅干考
  SMI009.pdf:左と右
  SMI010.pdf:こころ
  SMI011.pdf:歌舞伎名義考
  SMI012.pdf:印度更紗の源流
  SMI013.pdf:天木香樹

 三木清(三木清全集・岩波書店より)
  MKZ0501.pdf:危機意識の哲学的解明 2020/01/04
  MKZ0502.pdf:形而上学の将来性について 2020/01/04
  MKZ0503.pdf:世界観構成の理論 2020/01/04
  MKZ0508.pdf:人間主義
  MKZ0509.pdf:ヒューマニズムの倫理思想
  MKZ0514.pdf:倫理と人間
  MKZ0515.pdf:道徳の理念
  MKZ1020.pdf:歴史的意識と神話的意識
  MKZ1105.pdf:今日の倫理の問題と文学
  MKZ1106.pdf:イデオロギーとパトロギー
  MKZ1107.pdf:ネオヒューマニズムの問題と文学
  MKZ1108.pdf:文学における世代の問題
  MKZ1113.pdf:古典における歴史と批評
  MKZ1117.pdf:文藝的人間学
  MKZ1209.pdf:批評の生理と病理
  MKZ1212.pdf:レトリックの精神
  MKZ1213.pdf:詩歌の考察
  MKZ1407.pdf:新しき知性
  MKZ1421.pdf:時務の論理
  MKZ1422.pdf:伝統論
  MKZ1430.pdf:天才論
  MKZ1440.pdf:指導者論

 本居宣長
  MTN001.pdf:玉勝間一の巻
  MTN002.pdf:玉勝間二の巻
  MTN003.pdf:玉勝間三の巻
  MTN004.pdf:玉勝間四の巻
  MTN005.pdf:玉勝間五の巻
  MTN006.pdf:玉勝間六の巻
  MTN007.pdf:玉勝間七の巻
  MTN008.pdf:玉勝間八の巻
  MTN009.pdf:玉勝間九の巻
  MTN010.pdf:玉勝間十の巻
  MTN011.pdf:玉勝間十一の巻
  MTN012.pdf:玉勝間十二の巻
  MTN013.pdf:玉勝間十三の巻
  MTN014.pdf:玉勝間十四の巻
  MTN015.pdf:玉くしげ
  MTN016.pdf:うひ山ぶみ

 橋本進吉
  HSS001.pdf:表音的仮名遣は仮名遣にあらず
  HSS002.pdf:「万葉集は支那人が書いたか」
  HSS003.pdf:国語仮名遣研究史上の一発見 2021/08/20
  HSS004.pdf:国語音韻の変遷 2021/08/20
  HSS005.pdf:日本の文字について
  HSS006.pdf:「盛者必衰」
  HSS007.pdf:国語史研究史料としての声明
  HSS008.pdf:国語に於ける鼻母音
  HSS009.pdf:語義の解釈と文意の解釈
  HSS010.pdf:駒のいななき
  HSS012.pdf:上田秋成の霊語通と徳川宗武の仮名遣説 2021/08/20
  HSS013.pdf:「さふらふ」か「さうらふ」か
  HSS014.pdf:ふりがな論覚書
  HSS015.pdf:万葉集語解三則
  HSS016.pdf:古代国語の「え」の仮名について 2021/08/20
  HSS017.pdf:仮名遣について
  HSS018.pdf:「切符の切らない方」の解釈
  HSS019.pdf:「とほしろし」考
  HSS020.pdf:允恭紀の歌の一つについて
  HSS021.pdf:上代に於ける波行上一段活用に就いて
  HSS022.pdf:奈良朝語法研究の中から 2021/09/05
  HSS023.pdf:辞書さまざま「とほしろし考」餘談
  HSS024.pdf:波行子音の変遷について 2021/09/07
  HSS025.pdf:万葉集と仙覚
  HSS026.pdf:万葉集の語釈と漢文の古訓点
  HSS027.pdf:国語の表音符号と仮名遣 2021/09/10
  HSS028.pdf:国語の音節構造と母音の特性 2021/09/11
  HSS029.pdf:国語の音節構造の特質について 2021/09/12
  HSS030.pdf:国語学概論
  HSS031.pdf:国語学研究法
  HSS032.pdf:国語と伝統
  HSS033.pdf:国語学と国語教育
  HSS034.pdf:三百余年前の日本の方言に関する西人の研究

 森鴎外(鴎外選集・岩波書店より)
  OS0101.pdf:舞姫
  OS0102.pdf:うたかたの記
  OS0103.pdf:文づかひ
  OS0104.pdf:そめちがへ
  OS0105.pdf:半日
  OS0106.pdf:懇親会
  OS0107.pdf:追儺
  OS0108.pdf:魔睡
  OS0109.pdf:大発見
  OS0110.pdf:ヰタ・セクスアリス
  OS0111.pdf:鶏
  OS0112.pdf:金貨
  OS0113.pdf:金毘羅
  OS0201.pdf:独身
  OS0202.pdf:杯
  OS0203.pdf:牛鍋
  OS0204.pdf:電車の窓
  OS0205.pdf:木精
  OS0206.pdf:里芋の芽と不動の目
  OS0207.pdf:青年
  OS0208.pdf:桟橋
  OS0209.pdf:普請中
  OS0210.pdf:ル・パルナス・アンビユラン
  OS0211.pdf:花子
  OS0212.pdf:あそび
  OS0213.pdf:沈黙の塔
  OS0301.pdf:藤鞆絵
  OS0302.pdf:蛇
  OS0303.pdf:心中
  OS0304.pdf:鼠坂
  OS0305.pdf:羽鳥千尋
  OS0306.pdf:百物語
  OS0307.pdf:ながし
  OS0308.pdf:妄想
  OS0309.pdf:カズイスチカ
  OS0310.pdf:流行
  OS0311.pdf:不思議な鏡
  OS0312.pdf:食堂
  OS0313.pdf:田楽豆腐
  OS0314.pdf:雁
  OS0401.pdf:灰燼
  OS0402.pdf:かのやうに
  OS0403.pdf:吃逆
  OS0404.pdf:藤棚
  OS0405.pdf:鎚一下
  OS0406.pdf:興津弥五右衛門の遺書
  OS0407.pdf:阿部一族
  OS0408.pdf:佐橋甚五郎
  OS0409.pdf:護持院原の敵討
  OS0410.pdf:大塩平八郎
  OS0501.pdf:堺事件
  OS0502.pdf:安井夫人
  OS0504.pdf:天寵
  OS0505.pdf:二人の友
  OS0506.pdf:魚玄機
  OS0507.pdf:余興
  OS0508.pdf:ぢいさんばあさん
  OS0509.pdf:最後の一句
  OS0510.pdf:高瀬舟
  OS0511.pdf:寒山拾得
  OS0512.pdf:栗山大膳
  OS0513.pdf:椙原品
  OS0514.pdf:都甲太兵衛
  OS0515.pdf:津下四郎左衛門
  OS0516.pdf:本家分家
  OS0601.pdf:渋江抽斎
  OS0602.pdf:寿阿弥の手紙
  OS0603.pdf:細木香以
  OS0604.pdf:小嶋宝素
  OS0701.pdf:伊沢蘭軒
  OS0901.pdf:北条霞亭
  OS0902.pdf:霞亭生涯の末一年

 永井荷風(荷風全集・岩波書店より)
  KHZ0101.pdf:おぼろ夜
  KHZ0102.pdf:烟鬼
  KHZ0103.pdf:花篭
  KHZ0104.pdf:かたわれ月
  KHZ0105.pdf:独りそめ
  KHZ0106.pdf:三重襷
  KHZ0107.pdf:薄衣
  KHZ0108.pdf:夕せみ
  KHZ0109.pdf:をさめ髪
  KHZ0110.pdf:うら庭
  KHZ0111.pdf:闇の夜
  KHZ0112.pdf:花ちる夜
  KHZ0113.pdf:四畳半
  KHZ0114.pdf:青簾
  KHZ0115.pdf:小夜千鳥
  KHZ0116.pdf:山谷菅垣
  KHZ0117.pdf:桜の水
  KHZ0118.pdf:新梅ごよみ
  KHZ0119.pdf:いちごの実
  KHZ0120.pdf:野心
  KHZ0201.pdf:闇の叫び
  KHZ0202.pdf:地獄の花
  KHZ0203.pdf:新任知事
  KHZ0204.pdf:夢の女
  KHZ0205.pdf:夜の心
  KHZ0206.pdf:燈火の巷
  KHZ0207.pdf:すみだ川
  KHZ0208.pdf:庭の夜露
  KHZ0301.pdf:船房夜話
  KHZ0302.pdf:牧場の道
  KHZ0303.pdf:岡の上
  KHZ0304.pdf:酔美人
  KHZ0305.pdf:長髪
  KHZ0306.pdf:春と秋
  KHZ0307.pdf:雪のやどり
  KHZ0308.pdf:林間
  KHZ0309.pdf:悪友
  KHZ0310.pdf:旧恨
  KHZ0311.pdf:寝覚め
  KHZ0312.pdf:一月一日
  KHZ0313.pdf:暁
  KHZ0314.pdf:市俄古の二日
  KHZ0315.pdf:夏の海
  KHZ0316.pdf:夜半の酒場
  KHZ0317.pdf:落葉
  KHZ0318.pdf:夜の女
  KHZ0319.pdf:ちやいなたうんの記
  KHZ0320.pdf:夜あるき
  KHZ0321.pdf:六月の夜の夢
  KHZ0322.pdf:舎路港の一夜
  KHZ0323.pdf:夜の霧
  KHZ0325.pdf:船と車
  KHZ0326.pdf:ローン河のほとり
  KHZ0327.pdf:秋のちまた
  KHZ0328.pdf:蛇つかひ
  KHZ0329.pdf:晩餐
  KHZ0330.pdf:祭の夜がたり
  KHZ0331.pdf:霧の夜
  KHZ0332.pdf:おもかげ
  KHZ0333.pdf:再会
  KHZ0334.pdf:ひとり旅
  KHZ0335.pdf:雲
  KHZ0336.pdf:巴里のわかれ
  KHZ0337.pdf:黄昏の地中海
  KHZ0338.pdf:ポートセツト
  KHZ0339.pdf:新嘉坡の数時間
  KHZ0340.pdf:西班牙料理
  KHZ1001.pdf:勲章
  KHZ1002.pdf:踊子
  KHZ1003.pdf:来訪者
  KHZ1004.pdf:問はずがたり
  KHZ1005.pdf:羊羹
  KHZ1006.pdf:腕時計
  KHZ1007.pdf:或夜
  KHZ1008.pdf:噂ばなし
  KHZ1009.pdf:靴
  KHZ1010.pdf:畦道
  KHZ1011.pdf:にぎり飯
  KHZ1012.pdf:心づくし
  KHZ1013.pdf:秋の女
  KHZ1014.pdf:買出
  KHZ1015.pdf:人妻
  KHZ1101.pdf:裸体
  KHZ1102.pdf:老人
  KHZ1103.pdf:吾妻橋
  KHZ1104.pdf:日曜日
  KHZ1105.pdf:心がはり
  KHZ1106.pdf:たそがれ時
  KHZ1107.pdf:うらおもて
  KHZ1108.pdf:捨て児
  KHZ1109.pdf:袖子
  KHZ1110.pdf:男ごゝろ
  KHZ1111.pdf:夏の夜
  KHZ1112.pdf:東雲
  KHZ1113.pdf:冬日かげ
  KHZ1114.pdf:晩酌

 泉鏡花(鏡花全集・岩波書店より)
  KKZ0102.pdf:活人形
  KKZ0103.pdf:金時計
  KKZ0104.pdf:大和心
  KKZ0105.pdf:予備兵
  KKZ0106.pdf:海戦の余波
  KKZ0107.pdf:譬喩談
  KKZ0108.pdf:義血侠血
  KKZ0111.pdf:取舵
  KKZ0112.pdf:聾の一心
  KKZ0113.pdf:秘妾伝
  KKZ0114.pdf:夜行巡査
  KKZ0201.pdf:旅僧
  KKZ0202.pdf:外科室
  KKZ0203.pdf:妙の宮
  KKZ0204.pdf:鐘声夜半録
  KKZ0207.pdf:ねむり看守
  KKZ0208.pdf:八万六千四百回
  KKZ0209.pdf:化銀杏
  KKZ0210.pdf:一之巻
  KKZ0211.pdf:二之巻
  KKZ0212.pdf:三之巻
  KKZ0213.pdf:四之巻
  KKZ0214.pdf:五之巻
  KKZ0215.pdf:六之巻
  KKZ0216.pdf:誓之巻
  KKZ0217.pdf:蓑谷
  KKZ0218.pdf:五の君
  KKZ0219.pdf:紫陽花
  KKZ0220.pdf:毬栗
  KKZ0303.pdf:X蟷螂鰒鉄道 2021/01/10
  KKZ0304.pdf:化鳥 2021/01/16
  KKZ0305.pdf:凱旋祭 2021/01/30
  KKZ0306.pdf:堅パン 2021/02/14
  KKZ0307.pdf:さゝ蟹 2021/02/20
  KKZ0310.pdf:怪語 2021/01/04
  KKZ0311.pdf:なゝもと桜 2021/02/20
  KKZ0505.pdf:幻往来
  KKZ0506.pdf:名媛記
  KKZ0507.pdf:弓取町人
  KKZ0508.pdf:白羽箭
  KKZ0509.pdf:高野聖
  KKZ0510.pdf:海の鳴る時
  KKZ0511.pdf:湯女の魂
  KKZ0901.pdf:千鳥川
  KKZ0902.pdf:外国軍事通信員
  KKZ0903.pdf:柳小島
  KKZ0905.pdf:銀短冊
  KKZ0906.pdf:瓔珞品
  KKZ0911.pdf:海異記
  KKZ0912.pdf:月夜遊女

 芥川竜之介(芥川竜之介全集・岩波書店より)
  ARZ0106.pdf:老年
  ARZ0110.pdf:ひよつとこ
  ARZ0112.pdf:羅生門
  ARZ0114.pdf:鼻
  ARZ0116.pdf:孤独地獄
  ARZ0118.pdf:虱
  ARZ0119.pdf:酒虫
  ARZ0122.pdf:仙人
  ARZ0125.pdf:芋粥
  ARZ0126.pdf:猿
  ARZ0129.pdf:手巾
  ARZ0132.pdf:煙管
  ARZ0133.pdf:煙草と悪魔
  ARZ0137.pdf:MENSURA ZOILI
  ARZ0142.pdf:運
  ARZ0143.pdf:道祖問答
  ARZ0145.pdf:忠義
  ARZ0146.pdf:貉
  ARZ0148.pdf:偸盗
  ARZ0149.pdf:さまよへる猶太人
  ARZ0154.pdf:軍艦金剛航海記
  ARZ0155.pdf:二つの手紙
  ARZ0201.pdf:或日の大石内蔵之助
  ARZ0203.pdf:蛙
  ARZ0204.pdf:女体
  ARZ0205.pdf:片恋
  ARZ0206.pdf:黄粱夢
  ARZ0207.pdf:戯作三昧
  ARZ0212.pdf:首が落ちた話
  ARZ0213.pdf:西郷隆盛
  ARZ0214.pdf:英雄の器
  ARZ0219.pdf:南瓜
  ARZ0220.pdf:世之助の話
  ARZ0221.pdf:袈裟と盛遠
  ARZ0223.pdf:ババベツクと婆羅門行者
  ARZ0226.pdf:地獄変
  ARZ0228.pdf:蜘蛛の糸
  ARZ0229.pdf:開化の殺人
  ARZ0230.pdf:京都日記
  ARZ0231.pdf:悪魔
  ARZ0236.pdf:奉教人の死
  ARZ0238.pdf:枯野抄
  ARZ0242.pdf:るしへる
  ARZ0250.pdf:毛利先生
  ARZ0251.pdf:犬と笛
  ARZ0301.pdf:開化の良人
  ARZ0302.pdf:窓
  ARZ0304.pdf:きりしとほろ上人伝
  ARZ0308.pdf:蜜柑
  ARZ0309.pdf:沼地
  ARZ0310.pdf:竜
  ARZ0314.pdf:路上
  ARZ0315.pdf:疑惑
  ARZ0316.pdf:後世
  ARZ0317.pdf:忘れられぬ印象
  ARZ0319.pdf:じゆりあの・吉助
  ARZ0320.pdf:妖婆
  ARZ0324.pdf:芸術その他
  ARZ0328.pdf:着物
  ARZ0329.pdf:鑑定
  ARZ0330.pdf:饒舌
  ARZ0331.pdf:魔術
  ARZ0332.pdf:鼠小僧次郎吉
  ARZ0333.pdf:葱
  ARZ0334.pdf:舞踏会
  ARZ0336.pdf:尾生の信
  ARZ0337.pdf:動物園
  ARZ0338.pdf:東京小品
  ARZ0339.pdf:私の生活
  ARZ0340.pdf:我鬼氏の座談のうちから
  ARZ0345.pdf:沼
  ARZ0346.pdf:東洋の秋
  ARZ0348.pdf:秋
  ARZ0350.pdf:骨董羹
  ARZ0351.pdf:骨董羹(別稿)
  ARZ0353.pdf:黒衣聖母
  ARZ0401.pdf:素盞嗚尊
  ARZ0402.pdf:老いたる素戔嗚尊
  ARZ0403.pdf:或敵打の話
  ARZ0404.pdf:女
  ARZ0408.pdf:短歌雑感
  ARZ0409.pdf:南京の基督
  ARZ0410.pdf:杜子春
  ARZ0411.pdf:槍ケ岳紀行
  ARZ0413.pdf:私の好きな自然
  ARZ0414.pdf:捨児
  ARZ0415.pdf:塵労
  ARZ0416.pdf:秀吉と神と
  ARZ0419.pdf:愛読書の印象
  ARZ0420.pdf:影
  ARZ0421.pdf:雑筆
  ARZ0423.pdf:お律と子等と
  ARZ0426.pdf:漢文漢詩の面白味
  ARZ0427.pdf:私の好きな作家
  ARZ0428.pdf:恋愛及結婚に就いて若き人々へ
  ARZ0433.pdf:秋山図
  ARZ0434.pdf:山鴫
  ARZ0435.pdf:妙な話
  ARZ0436.pdf:アグニの神
  ARZ0437.pdf:奇怪な再会
  ARZ0439.pdf:近頃の幽霊
  ARZ0441.pdf:点心
  ARZ0442.pdf:点心(別稿)
  ARZ0443.pdf:仏蘭西文学と僕
  ARZ0448.pdf:往生絵巻
  ARZ0449.pdf:奇遇
  ARZ0450.pdf:私の好きな私の作
  ARZ0501.pdf:上海游記
  ARZ0502.pdf:母
  ARZ0503.pdf:好色
  ARZ0504.pdf:『チヤツプリン』其他
  ARZ0506.pdf:薮の中
  ARZ0507.pdf:俊寛
  ARZ0508.pdf:将軍
  ARZ0509.pdf:神神の微笑
  ARZ0510.pdf:神神の微笑(別稿)
  ARZ0511.pdf:江南游記
  ARZ0512.pdf:パステルの竜
  ARZ0513.pdf:LOS CAPRICHOS
  ARZ0514.pdf:「新潮」月評の存廃を問ふ
  ARZ0515.pdf:「新潮」大正十一年度の計画を問ふ
  ARZ0516.pdf:本の事
  ARZ0517.pdf:いろ/\のものに
  ARZ0518.pdf:ほのぼのとさせる女
  ARZ0519.pdf:一茶句集の後に
  ARZ0520.pdf:三つの宝
  ARZ0521.pdf:世の中と女
  ARZ0522.pdf:トロツコ
  ARZ0524.pdf:報恩記
  ARZ0525.pdf:澄江堂雑記
  ARZ0526.pdf:新富座の「一谷嫩軍記」
  ARZ0527.pdf:「婦人画報」如何なる女人を好むかを問ふ
  ARZ0528.pdf:仙人
  ARZ0530.pdf:お富の貞操
  ARZ0531.pdf:ロビン・ホツド
  ARZ0532.pdf:形
  ARZ0533.pdf:長崎小品
  ARZ0534.pdf:長崎
  ARZ0535.pdf:庭
  ARZ0536.pdf:「新潮」文壇沈滞の所以を問ふ
  ARZ0537.pdf:一夕話
  ARZ0538.pdf:六の宮の姫君
  ARZ0539.pdf:魚河岸
  ARZ0541.pdf:おぎん
  ARZ0542.pdf:読書の態度
  ARZ0544.pdf:恒藤恭氏
  ARZ0545.pdf:支那の画
  ARZ0546.pdf:帝劇の露西亜舞踊
  ARZ0547.pdf:コレラ
  ARZ0601.pdf:わが散文詩
  ARZ0602.pdf:暗合
  ARZ0603.pdf:長崎日録
  ARZ0604.pdf:一批評家に答ふ
  ARZ0605.pdf:知己料
  ARZ0606.pdf:東京田端
  ARZ0607.pdf:「文章倶楽部」東京に関する感想を問ふ
  ARZ0608.pdf:教訓談
  ARZ0609.pdf:漱石山房の冬
  ARZ0610.pdf:「改造」プロレタリア文芸の可否を問ふ
  ARZ0611.pdf:当に存在すべきものである
  ARZ0612.pdf:雛
  ARZ0613.pdf:猿蟹合戦
  ARZ0614.pdf:「中央公論」徹宵作文の感を問ふ
  ARZ0615.pdf:色目の辯
  ARZ0616.pdf:八宝飯
  ARZ0617.pdf:二人小町
  ARZ0618.pdf:おしの
  ARZ0619.pdf:私が女に生れたら
  ARZ0620.pdf:保吉の手帳から
  ARZ0621.pdf:伊東から
  ARZ0622.pdf:市村座の「四谷怪談」
  ARZ0623.pdf:放屁
  ARZ0624.pdf:「女と影」読後
  ARZ0625.pdf:思ふままに
  ARZ0626.pdf:ピエル・ロティの死
  ARZ0627.pdf:澄江堂日録
  ARZ0628.pdf:「新家庭」旅行と女人に関する感想を問ふ
  ARZ0629.pdf:文芸雑感
  ARZ0630.pdf:子供の病気
  ARZ0631.pdf:白
  ARZ0632.pdf:東洋趣味
  ARZ0633.pdf:大変悧口な
  ARZ0634.pdf:お時儀
  ARZ0635.pdf:大震雑記
  ARZ0636.pdf:大震日録
  ARZ0637.pdf:大震に際せる感想
  ARZ0638.pdf:東京人
  ARZ0639.pdf:廃都東京
  ARZ0640.pdf:震災の文芸に与ふる影響
  ARZ0641.pdf:古書の焼失を惜しむ
  ARZ0642.pdf:鸚鵡
  ARZ0643.pdf:妄問妄答
  ARZ0644.pdf:澄江堂雑記
  ARZ0645.pdf:芭蕉雑記
  ARZ0646.pdf:あばばばば
  ARZ0647.pdf:一塊の土
  ARZ0648.pdf:不思議な島
  ARZ0649.pdf:糸女覚え書
  ARZ0650.pdf:三右衛門の罪
  ARZ0651.pdf:伝吉の敵打ち
  ARZ0652.pdf:蒐集
  ARZ0653.pdf:久米正雄
  ARZ0654.pdf:新しい機運
  ARZ0655.pdf:将来も亦在来通り
  ARZ0656.pdf:若し千円をお年玉に貰つたら
  ARZ0657.pdf:野人生計事
  ARZ0658.pdf:金将軍
  ARZ0659.pdf:梅花に対する感情
  ARZ0660.pdf:霜夜
  ARZ0661.pdf:谷崎潤一郎氏
  ARZ0662.pdf:飯田蛇笏
  ARZ0663.pdf:金春会の「隅田川」
  ARZ0664.pdf:僻見
  ARZ0665.pdf:大久保湖州
  ARZ0666.pdf:佐藤春夫氏
  ARZ0667.pdf:小説の戯曲化
  ARZ0668.pdf:「すみ子の小唄」
  ARZ0669.pdf:第四の夫から
  ARZ0670.pdf:文章
  ARZ0671.pdf:寒さ
  ARZ0672.pdf:少年
  ARZ0673.pdf:解嘲
  ARZ0674.pdf:正岡子規
  ARZ0701.pdf:或恋愛小説
  ARZ0702.pdf:文放古
  ARZ0703.pdf:リチャード・バアトン訳「一千一夜物語」に就いて
  ARZ0704.pdf:「仮面」の人々
  ARZ0705.pdf:案頭の書
  ARZ0706.pdf:新緑の庭
  ARZ0707.pdf:春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる
  ARZ0708.pdf:久保田万太郎氏
  ARZ0709.pdf:寄席
  ARZ0710.pdf:桃太郎
  ARZ0711.pdf:鷺と鴛鴦
  ARZ0712.pdf:「続晋明集」読後
  ARZ0713.pdf:蒐書――余技と趣味――
  ARZ0714.pdf:格さんと食慾――最近の宇野浩二氏――
  ARZ0715.pdf:十円札
  ARZ0716.pdf:長江游記
  ARZ0717.pdf:軽井沢日記
  ARZ0718.pdf:文芸一般論
  ARZ0719.pdf:文芸鑑賞講座
  ARZ0720.pdf:明日の道徳
  ARZ0722.pdf:偽者二題
  ARZ0723.pdf:装幀に就いての私の意見
  ARZ0724.pdf:プロレタリア文学論
  ARZ0726.pdf:娼婦美と冒険
  ARZ0727.pdf:大導寺信輔の半生
  ARZ0728.pdf:早春
  ARZ0729.pdf:馬の脚
  ARZ0730.pdf:澄江堂雑記
  ARZ0731.pdf:徳川末期の文芸
  ARZ0732.pdf:俊寛
  ARZ0733.pdf:出来上つた人
  ARZ0734.pdf:壮烈の犠牲
  ARZ0735.pdf:現代十作家の生活振り
  ARZ0736.pdf:学校友だち
  ARZ0737.pdf:正直に書くことの困難
  ARZ0738.pdf:思つてゐるありの侭を
  ARZ0739.pdf:田端人
  ARZ0740.pdf:文部省の仮名遣改定案について
  ARZ0741.pdf:日本小説の支那訳
  ARZ0742.pdf:望むこと二つ
  ARZ0743.pdf:春
  ARZ0744.pdf:念仁波念遠入礼帖
  ARZ0745.pdf:日本の女
  ARZ0746.pdf:平田先生の翻訳
  ARZ0747.pdf:人及び芸術家としての薄田泣菫氏
  ARZ0748.pdf:雪
  ARZ0749.pdf:詩集
  ARZ0750.pdf:ピアノ
  ARZ0751.pdf:鏡花全集目録開口
  ARZ0752.pdf:鏡花全集の特色
  ARZ0753.pdf:鏡花全集に就いて
  ARZ0754.pdf:北京日記抄
  ARZ0755.pdf:雑信一束
  ARZ0756.pdf:澄江堂雑詠
  ARZ0757.pdf:温泉だより
  ARZ0758.pdf:わが俳諧修業
  ARZ0759.pdf:「わたくし」小説に就いて
  ARZ0760.pdf:結婚難並びに恋愛難
  ARZ0762.pdf:「若冠」の後に
  ARZ0763.pdf:「太虚集」読後
  ARZ0764.pdf:Gaity座の「サロメ」――「僕等」の一人久米正雄に――
  ARZ0765.pdf:変遷その他
  ARZ0766.pdf:微笑
  ARZ0767.pdf:ポーの片影
  ARZ0768.pdf:藤沢清造君に答ふ
  ARZ0769.pdf:侏儒の言葉
  ARZ0801.pdf:海のほとり
  ARZ0802.pdf:尼提
  ARZ0803.pdf:死後
  ARZ0804.pdf:才一巧亦不二
  ARZ0805.pdf:我机
  ARZ0806.pdf:「ふゆくさ」読後
  ARZ0807.pdf:病牀雑記
  ARZ0810.pdf:「私」小説論小見――藤沢清造君に――
  ARZ0811.pdf:滝田哲太郎君
  ARZ0812.pdf:夏目先生と滝田さん
  ARZ0813.pdf:滝田哲太郎氏
  ARZ0815.pdf:澄江堂雑記
  ARZ0816.pdf:一人一語
  ARZ0817.pdf:拊掌談
  ARZ0818.pdf:湖南の扇
  ARZ0819.pdf:年末の一日
  ARZ0820.pdf:翻訳小品
  ARZ0821.pdf:鴨猟
  ARZ0822.pdf:風変りな作品二点に就て
  ARZ0823.pdf:身のまはり
  ARZ0824.pdf:文章と言葉と
  ARZ0825.pdf:虎の話
  ARZ0826.pdf:病中雑記――「侏儒の言葉」の代りに――
  ARZ0827.pdf:二人の友
  ARZ0828.pdf:一人の無名作家――文学青年をいかに見るか――
  ARZ0829.pdf:「輪廻」読後
  ARZ0830.pdf:追憶
  ARZ0831.pdf:剛才人と柔才人と
  ARZ0832.pdf:横須賀小景
  ARZ0833.pdf:東西問答
  ARZ0834.pdf:カルメン
  ARZ0835.pdf:発句私見
  ARZ0836.pdf:近松さんの本格小説
  ARZ0837.pdf:又一説?――短歌は滅亡せざるか――
  ARZ0838.pdf:亦一説?――大衆文芸論――
  ARZ0839.pdf:囈語
  ARZ0840.pdf:雲の峯
  ARZ0841.pdf:春の夜
  ARZ0842.pdf:点鬼簿
  ARZ0843.pdf:島木赤彦氏
  ARZ0844.pdf:O君の新秋
  ARZ0845.pdf:夢
  ARZ0846.pdf:鴉片
  ARZ0847.pdf:槐
  ARZ0848.pdf:久米との旧交回復のくさびに――松岡君の創作モデル問題――
  ARZ0849.pdf:猪・鹿・狸
  ARZ0850.pdf:凡兆に就いて
  ARZ0851.pdf:悠々荘
  ARZ0852.pdf:彼
  ARZ0853.pdf:彼 第二
  ARZ0854.pdf:玄鶴山房
  ARZ0855.pdf:貝殻
  ARZ0856.pdf:文芸雑談
  ARZ0857.pdf:萩原朔太郎君
  ARZ0858.pdf:或社会主義者
  ARZ0859.pdf:鬼ごつこ
  ARZ0860.pdf:僕は
  ARZ0861.pdf:その頃の赤門生活
  ARZ0862.pdf:藤森君の「馬の足」のことを話せと言ふから
  ARZ0863.pdf:蜃気楼――或は「続海のほとり」――
  ARZ0864.pdf:河童 どうかKappaと発音して下さい。
  ARZ0865.pdf:芝居漫談
  ARZ0866.pdf:軽井沢で――「追憶」の代りに――
  ARZ0867.pdf:都会で――或は千九百二十六年の東京――
  ARZ0868.pdf:註文無きに近し――家と庭の随筆――
  ARZ0869.pdf:少時からの愛読者――白柳秀湖氏の印象――
  ARZ0870.pdf:小説の読者――文芸の鑑賞と評価――
  ARZ0871.pdf:三つのなぜ
  ARZ0872.pdf:春の夜は
  ARZ0873.pdf:誘惑――或シナリオ――
  ARZ0874.pdf:浅草公園――或シナリオ――
  ARZ0875.pdf:「庭苔」読後
  ARZ0876.pdf:獄中の俳人――「獄窓から」を読んで――
  ARZ0877.pdf:食物として
  ARZ0878.pdf:今昔物語鑑賞
  ARZ0879.pdf:たね子の憂鬱
  ARZ0880.pdf:耳目記
  ARZ0881.pdf:僕の友だち二三人
  ARZ0883.pdf:無題
  ARZ0884.pdf:素描三題
  ARZ0885.pdf:漱石先生の話
  ARZ0886.pdf:夏目先生
  ARZ0901.pdf:文芸的な、余りに文芸的な
  ARZ0902.pdf:続文芸的な、余りに文芸的な
  ARZ0903.pdf:本所両国
  ARZ0904.pdf:歯車
  ARZ0905.pdf:晩春売文日記
  ARZ0906.pdf:二人の紅毛画家
  ARZ0908.pdf:女仙
  ARZ0909.pdf:古千屋
  ARZ0910.pdf:しるこ
  ARZ0911.pdf:講演軍記
  ARZ0912.pdf:冬と手紙と
  ARZ0913.pdf:三つの窓
  ARZ0915.pdf:続芭蕉雑記
  ARZ0916.pdf:東北・北海道・新潟
  ARZ0917.pdf:西方の人
  ARZ0918.pdf:続西方の人
  ARZ0919.pdf:内田百間氏
  ARZ0920.pdf:或旧友へ送る手記
  ARZ0921.pdf:闇中問答
  ARZ0922.pdf:十本の針
  ARZ0923.pdf:小説作法十則
  ARZ0924.pdf:機関車を見ながら
  ARZ0925.pdf:或阿呆の一生

 梶井基次郎(梶井基次郎全集・筑摩書房より)
  KMZ0101.pdf:檸檬
  KMZ0102.pdf:城のある町にて
  KMZ0103.pdf:泥濘
  KMZ0104.pdf:路上
  KMZ0105.pdf:橡の花
  KMZ0106.pdf:過古
  KMZ0107.pdf:雪後
  KMZ0108.pdf:ある心の風景
  KMZ0109.pdf:Kの昇天
  KMZ0110.pdf:冬の日
  KMZ0111.pdf:蒼穹
  KMZ0112.pdf:筧の話
  KMZ0113.pdf:器楽的幻覚
  KMZ0114.pdf:冬の蝿
  KMZ0115.pdf:ある崖上の感情
  KMZ0116.pdf:桜の樹の下には
  KMZ0117.pdf:愛撫
  KMZ0118.pdf:闇の絵巻
  KMZ0119.pdf:交尾
  KMZ0120.pdf:のんきな患者

 中島敦(中島敦全集・筑摩書房より)
  NAZ0101.pdf:斗南先生
  NAZ0102.pdf:虎狩
  NAZ0103.pdf:かめれおん日記
  NAZ0104.pdf:狼疾記
  NAZ0105.pdf:狐憑
  NAZ0106.pdf:木乃伊
  NAZ0107.pdf:山月記
  NAZ0108.pdf:文字禍
  NAZ0109.pdf:光と風と夢
  NAZ0110.pdf:悟浄出世
  NAZ0111.pdf:悟浄歎異
  NAZ0112.pdf:幸福
  NAZ0113.pdf:夫婦
  NAZ0114.pdf:鶏
  NAZ0115.pdf:環礁
  NAZ0116.pdf:盈虚
  NAZ0117.pdf:牛人
  NAZ0118.pdf:名人伝
  NAZ0119.pdf:弟子
  NAZ0120.pdf:李陵

 夏目漱石(漱石全集・岩波書店より)
  SZ0101.pdf:吾輩は猫である
  SZ0201.pdf:倫敦塔
  SZ0202.pdf:カーライル博物館
  SZ0203.pdf:幻影の盾
  SZ0204.pdf:琴のそら音
  SZ0205.pdf:一夜
  SZ0206.pdf:薤露行
  SZ0207.pdf:趣味の遺伝
  SZ0208.pdf:坊つちやん
  SZ0209.pdf:草枕
  SZ0210.pdf:二百十日
  SZ0211.pdf:野分
  SZ0301.pdf:虞美人草
  SZ0302.pdf:坑夫
  SZ0401.pdf:三四郎
  SZ0402.pdf:それから
  SZ0403.pdf:門
  SZ0801.pdf:京に着ける夕
  SZ0802.pdf:文鳥
  SZ0803.pdf:夢十夜
  SZ0804.pdf:永日小品
  SZ0805.pdf:長谷川君と余
  SZ0806.pdf:満韓ところどころ
  SZ0807.pdf:思ひ出す事など
  SZ0808.pdf:子規の画
  SZ0809.pdf:ケーベル先生
  SZ0810.pdf:変な音
  SZ0811.pdf:手紙
  SZ0812.pdf:三山居士
  SZ0813.pdf:初秋の一日
  SZ0814.pdf:ケーベル先生の告別
  SZ0815.pdf:戦争から来た行違ひ
  SZ0816.pdf:硝子戸の中

 森鴎外(鴎外全集・岩波書店より)
  OZ0112.pdf:舞姫
  OZ0201.pdf:うたかたの記
  OZ0202.pdf:文づかひ
  OZ0302.pdf:そめちがへ
  OZ0308.pdf:朝寐
  OZ0309.pdf:有楽門
  OZ0412.pdf:半日
  OZ0416.pdf:懇親会
  OZ0417.pdf:追儺
  OZ0418.pdf:魔睡
  OZ0419.pdf:大発見
  OZ0502.pdf:ヰタ・セクスアリス
  OZ0504.pdf:鶏
  OZ0506.pdf:金貨
  OZ0510.pdf:金毘羅
  OZ0603.pdf:独身
  OZ0604.pdf:杯
  OZ0607.pdf:牛鍋
  OZ0608.pdf:電車の窓
  OZ0611.pdf:木精
  OZ0612.pdf:里芋の芽と不動の目
  OZ0613.pdf:青年
  OZ0616.pdf:桟橋
  OZ0701.pdf:普請中
  OZ0702.pdf:ル・パルナス・アンビユラン
  OZ0704.pdf:花子
  OZ0706.pdf:あそび
  OZ0711.pdf:沈黙の塔
  OZ0712.pdf:身上話
  OZ0713.pdf:食堂
  OZ0714.pdf:蛇
  OZ0801.pdf:カズイスチカ
  OZ0804.pdf:妄想
  OZ0805.pdf:藤鞆絵
  OZ0812.pdf:流行
  OZ0815.pdf:心中
  OZ0816.pdf:雁
  OZ0902.pdf:百物語
  OZ0903.pdf:灰燼
  OZ1004.pdf:かのやうに
  OZ1005.pdf:吃逆
  OZ1006.pdf:藤棚
  OZ1007.pdf:鎚一下
  OZ1008.pdf:不思議な鏡
  OZ1014.pdf:鼠坂
  OZ1020.pdf:羽鳥千尋
  OZ1021.pdf:田楽豆腐
  OZ1023.pdf:興津弥五右衛門の遺書
  OZ1104.pdf:阿部一族
  OZ1105.pdf:ながし
  OZ1113.pdf:佐橋甚五郎
  OZ1409.pdf:護持院原の敵討
  OZ1501.pdf:大塩平八郎
  OZ1504.pdf:堺事件
  OZ1508.pdf:安井夫人
  OZ1513.pdf:栗山大膳
  OZ1602.pdf:津下四郎左衛門
  OZ1603.pdf:天寵
  OZ1604.pdf:二人の友
  OZ1605.pdf:魚玄機
  OZ1606.pdf:余興
  OZ1607.pdf:ぢいさんばあさん
  OZ1608.pdf:本家分家
  OZ1609.pdf:最後の一句
  OZ1611.pdf:椙原品
  OZ1612.pdf:高瀬舟
  OZ1614.pdf:寒山拾得
  OZ1616.pdf:渋江抽斎
  OZ1617.pdf:寿阿弥の手紙
  OZ1701.pdf:伊沢蘭軒
  OZ1801.pdf:都甲太兵衛
  OZ1802.pdf:鈴木藤吉郎
  OZ1803.pdf:細木香以
  OZ1804.pdf:小嶋宝素
  OZ1805.pdf:北条霞亭
  OZ1806.pdf:霞亭生涯の末一年

 木下杢太郎(木下杢太郎全集・岩波書店より)
  KMKZ0501.pdf:蒸気のにほひ
  KMKZ0502.pdf:霊岸島
  KMKZ0503.pdf:男の持ちける花
  KMKZ0504.pdf:追香記
  KMKZ0505.pdf:波高き日
  KMKZ0506.pdf:荒布橋
  KMKZ0507.pdf:絶望
  KMKZ0508.pdf:六月の夜
  KMKZ0509.pdf:炉
  KMKZ0510.pdf:池
  KMKZ0511.pdf:硝子問屋
  KMKZ0513.pdf:珊瑚珠の根付
  KMKZ0514.pdf:河岸の夜
  KMKZ0515.pdf:沖の竜巻
  KMKZ0516.pdf:睡眠前
  KMKZ0517.pdf:山の焼けた日の夕がた
  KMKZ0518.pdf:北から南へ
  KMKZ0519.pdf:夷講の夜のことであつた
  KMKZ0520.pdf:柏屋
  KMKZ0521.pdf:三人の従兄弟
  KMKZ0522.pdf:葬式の前の日のこと
  KMKZ0523.pdf:河岸の錨屋
  KMKZ0524.pdf:霊岸島の自殺
  KMKZ0525.pdf:船室
  KMKZ0526.pdf:体格検査
  KMKZ0527.pdf:穀倉(南国小景)
  KMKZ0601.pdf:青年の心理
  KMKZ0602.pdf:小さい村の葬式
  KMKZ0603.pdf:「一度は通る道だ」
  KMKZ0604.pdf:薔薇花を持つた老人
  KMKZ0605.pdf:宝物拝観
  KMKZ0606.pdf:少年の死
  KMKZ0607.pdf:油壷
  KMKZ0608.pdf:一群の人々
  KMKZ0609.pdf:船室の夜
  KMKZ0610.pdf:新時代
  KMKZ0611.pdf:三度目の試験
  KMKZ0612.pdf:崑崙山
  KMKZ0613.pdf:雪
  KMKZ0614.pdf:電鈴の釦
  KMKZ0615.pdf:二少年
  KMKZ0616.pdf:竜太郎
  KMKZ0617.pdf:古都のまぼろし
  KMKZ0619.pdf:安土城記

 斎藤緑雨
  STR001.pdf:乙女
  STR002.pdf:新体詩見本
  STR003.pdf:小説八宗
  STR004.pdf:小説評註
  STR005.pdf:小説評註問答
  STR006.pdf:仕入残り
  STR007.pdf:緑雨俳句集
  STR008.pdf:金剛杵
  STR009.pdf:緑雨小唄集
  STR010.pdf:巌下電
  STR011.pdf:青眼白頭
  STR012.pdf:大いに笑ふ
  STR013.pdf:霏々剌々
  STR014.pdf:長者短者
  STR015.pdf:眼前口頭
  STR016.pdf:正直正太夫死す
  STR017.pdf:両口一舌
  STR018.pdf:評註端唄文学
  STR019.pdf:酒の上
  STR020.pdf:文学一からげ
  STR021.pdf:大底小底
  STR022.pdf:半文銭
  STR023.pdf:劇評家
  STR024.pdf:一家言
  STR025.pdf:ふところ談義
  STR026.pdf:霹靂車
  STR027.pdf:仕入帳
  STR028.pdf:初学小説心得
  STR029.pdf:おぼえ帳
  STR030.pdf:『しがらみ草紙』を読む
  STR031.pdf:鴎外漁史に与ふ
  STR032.pdf:ひかへ帳
  STR033.pdf:方角早見五十音
  STR034.pdf:日用帳

 太宰治(太宰治全集・筑摩書房より)
  DOZ0201.pdf:葉
  DOZ0202.pdf:思ひ出
  DOZ0203.pdf:魚服記
  DOZ0204.pdf:列車
  DOZ0205.pdf:地球図
  DOZ0206.pdf:猿ケ島
  DOZ0207.pdf:雀こ
  DOZ0208.pdf:道化の華
  DOZ0209.pdf:猿面冠者
  DOZ0210.pdf:逆行
  DOZ0211.pdf:彼は昔の彼ならず
  DOZ0212.pdf:ロマネスク
  DOZ0213.pdf:玩具
  DOZ0214.pdf:陰火
  DOZ0215.pdf:めくら草紙
  DOZ0216.pdf:ダス・ゲマイネ
  DOZ0217.pdf:雌に就いて
  DOZ0218.pdf:断崖の錯覚
  DOZ0301.pdf:創生記
  DOZ0302.pdf:喝采
  DOZ0303.pdf:二十世紀旗手
  DOZ0304.pdf:あさましきもの
  DOZ0305.pdf:HUMAN LOST
  DOZ0306.pdf:燈籠
  DOZ0307.pdf:満願
  DOZ0308.pdf:姥捨
  DOZ0309.pdf:I can speak
  DOZ0310.pdf:富嶽百景
  DOZ0311.pdf:黄金風景
  DOZ0312.pdf:女生徒
  DOZ0313.pdf:懶惰の歌留多
  DOZ0314.pdf:葉桜と魔笛
  DOZ0315.pdf:秋風記
  DOZ0316.pdf:新樹の言葉
  DOZ0317.pdf:花燭
  DOZ0318.pdf:愛と美について
  DOZ0401.pdf:八十八夜
  DOZ0402.pdf:座興に非ず
  DOZ0403.pdf:美少女
  DOZ0404.pdf:畜犬談
  DOZ0405.pdf:ア、秋
  DOZ0406.pdf:デカダン抗議
  DOZ0407.pdf:おしやれ童子
  DOZ0408.pdf:皮膚と心
  DOZ0409.pdf:春の盗賊
  DOZ0410.pdf:俗天使
  DOZ0411.pdf:兄たち
  DOZ0412.pdf:鴎
  DOZ0413.pdf:女人訓戒
  DOZ0414.pdf:女の決闘
  DOZ0415.pdf:駈込み訴へ
  DOZ0416.pdf:老ハイデルベルヒ
  DOZ0417.pdf:誰も知らぬ 2020/03/26
  DOZ0418.pdf:善蔵を思ふ 2020/03/26
  DOZ0419.pdf:走れメロス 2020/03/26
  DOZ0420.pdf:古典風 2020/03/26
  DOZ0421.pdf:盲人独笑 2020/06/14
  DOZ0422.pdf:乞食学生 2020/06/14
  DOZ0423.pdf:失敗園 2020/06/14
  DOZ0424.pdf:一燈 2020/06/14
  DOZ0425.pdf:リイズ 2020/06/14
  DOZ0501.pdf:きりぎりす 2020/10/10
  DOZ0502.pdf:ろまん燈籠 2020/10/10
  DOZ0503.pdf:東京八景 2021/01/23
  DOZ0504.pdf:みみづく通信 2021/01/23
  DOZ0505.pdf:佐渡 2021/02/06
  DOZ0506.pdf:清貧譚 2021/02/06
  DOZ0507.pdf:服装に就いて 2021/02/28
  DOZ0508.pdf:令孃アユ 2021/02/28
  DOZ0509.pdf:千代女 2021/03/14
  DOZ0510.pdf:新ハムレツト 2021/03/27
  DOZ0511.pdf:風の便り 2021/04/10
  DOZ0512.pdf:誰 2021/04/17
  DOZ0513.pdf:恥 2021/04/25
  DOZ0601.pdf:新郎 2021/08/23
  DOZ0602.pdf:十二月八日 2021/08/23
  DOZ0603.pdf:律子と貞子 2021/08/23
  DOZ0604.pdf:待つ 2021/08/23
  DOZ0605.pdf:水仙 2021/08/23
  DOZ0606.pdf:正義と微笑 2021/08/23
  DOZ0607.pdf:小さいアルバム 2021/09/25
  DOZ0608.pdf:花火 2021/09/25
  DOZ0609.pdf:帰去來 2021/09/25
  DOZ0610.pdf:故郷 2021/09/25
  DOZ0611.pdf:禁酒の心 2021/09/25
  DOZ0612.pdf:黄村先生言行録 2021/09/25
  DOZ0613.pdf:花吹雪 2021/09/25
  DOZ0614.pdf:不審庵 2021/09/25
  DOZ0701.pdf:鉄面皮 2021/10/31
  DOZ0702.pdf:赤心 2021/10/31
  DOZ0703.pdf:右大臣実朝 2021/10/31
  DOZ0704.pdf:作家の手帖 2021/11/13
  DOZ0705.pdf:佳日 2021/11/13
  DOZ0706.pdf:散華 2021/11/13
  DOZ0707.pdf:雪の夜の話 2021/11/21
  DOZ0708.pdf:東京だより 2021/11/21
  DOZ0709.pdf:新釈諸国噺 2021/11/21
  DOZ0710.pdf:貧の意地 2021/11/21
  DOZ0711.pdf:大力 2021/11/21
  DOZ0712.pdf:猿塚 2021/11/21

 津田左右吉(津田左右吉全集・岩波書店より)
  TSZ1005.pdf:漢字と日本文化
  TSZ1908.pdf:寒山詩と寒山拾得の説話
  TSZ1909.pdf:インドにおける仏教の宗教化及びその衰頽
  TSZ2002.pdf:歴史の学に於ける「人」の回復
  TSZ2003.pdf:史学は科学か
  TSZ2004.pdf:歴史の矛盾性
  TSZ2007.pdf:日本歴史の取扱ひかたについて
  TSZ2010.pdf:シナの史といふもの


 内藤湖南(青空文庫より)
  KONAN001.pdf:維新史の資料に就て
  KONAN002.pdf:禹貢製作の時代
  KONAN003.pdf:易疑
  KONAN004.pdf:応仁の乱に就て
  KONAN005.pdf:大阪の町人学者富永仲基
  KONAN006.pdf:大阪の町人と学問
  KONAN007.pdf:概括的唐宋時代観
  KONAN008.pdf:学変臆説
  KONAN009.pdf:近畿地方に於ける神社
  KONAN010.pdf:近代支那の文化生活
  KONAN011.pdf:敬首和尚の典籍概見
  KONAN012.pdf:弘法大師の文芸
  KONAN013.pdf:爾雅の新研究
  KONAN014.pdf:支那古典学の研究法に就きて
  KONAN015.pdf:支那史学史概要
  KONAN016.pdf:支那に於ける史の起源
  KONAN017.pdf:支那の書目に就いて
  KONAN018.pdf:支那目録学
  KONAN019.pdf:支那歴史的思想の起源
  KONAN020.pdf:章学誠の史学
  KONAN021.pdf:尚書稽疑
  KONAN022.pdf:聖徳太子
  KONAN023.pdf:女真種族の同源伝説
  KONAN024.pdf:染織に関する文献の研究
  KONAN025.pdf:蔵書家の話
  KONAN026.pdf:寧楽
  KONAN027.pdf:日本国民の文化的素質
  KONAN028.pdf:日本上古の状態
  KONAN029.pdf:日本の肖像画と鎌倉時代
  KONAN030.pdf:日本文化とは何ぞや(其一)
  KONAN031.pdf:日本文化とは何ぞや(其二)
  KONAN032.pdf:日本文化の独立
  KONAN033.pdf:卑弥呼考
  KONAN034.pdf:文溯閣の四庫全書
  KONAN035.pdf:平安朝時代の漢文学
  KONAN036.pdf:北派の書論

 三木清(青空文庫より)
  MIKI001.pdf:人生論ノート
  MIKI002.pdf:哲学はどう学んでゆくか
  MIKI003.pdf:哲学はやさしくできないか
  MIKI004.pdf:認識論
  MIKI005.pdf:論理と直観
  MIKI006.pdf:唯物史観と現代の意識

 正岡子規(青空文庫より)
  SIKI001.pdf:墨汁一滴
  SIKI002.pdf:歌よみに与ふる書

 桑原隲蔵(青空文庫より)
  KUWABARA001.pdf:紙の歴史
  KUWABARA002.pdf:元時代の蒙古人
  KUWABARA003.pdf:支那史上の偉人(孔子と孔明)
  KUWABARA004.pdf:支那人間に於ける食人肉の風習
  KUWABARA005.pdf:支那人の食人肉風習
  KUWABARA006.pdf:支那人の妥協性と猜疑心
  KUWABARA007.pdf:支那人の文弱と保守
  KUWABARA008.pdf:支那人辮髪の歴史
  KUWABARA009.pdf:支那の宦官
  KUWABARA010.pdf:支那の孝道殊に法律上より観たる支那の孝道
  KUWABARA011.pdf:支那の古代法律
  KUWABARA012.pdf:支那猥談
  KUWABARA013.pdf:司馬遷の生年に関する一新説
  KUWABARA014.pdf:秦始皇帝
  KUWABARA015.pdf:晋室の南渡と南方の開発
  KUWABARA016.pdf:創建清真寺碑
  KUWABARA017.pdf:大師の入唐
  KUWABARA018.pdf:大秦景教流行中国碑に就いて
  KUWABARA019.pdf:東漢の班超
  KUWABARA020.pdf:東西交通史上より観たる日本の開発
  KUWABARA021.pdf:東洋史上より観たる明治時代の発展
  KUWABARA022.pdf:東洋人の発明
  KUWABARA023.pdf:那珂先生を憶ふ
  KUWABARA024.pdf:蒲寿庚の事蹟
  KUWABARA025.pdf:歴史上より観たる南支那の開発
  KUWABARA026.pdf:老子化胡経

 狩野直喜(青空文庫より)
  KANO001.pdf:支那近世の国粋主義
  KANO002.pdf:支那研究に就て
  KANO003.pdf:支那人心の新傾向
  KANO004.pdf:桃花源記序
  KANO005.pdf:日本国見在書目録に就いて
  KANO006.pdf:祭原教授文
  KANO007.pdf:孔子と管仲
  KANO008.pdf:楊雄と法言
  KANO009.pdf:続狗尾録
  KANO010.pdf:服部先生の思出

 原勝郎(青空文庫より)
  HARA001.pdf:足利時代を論ず
  HARA002.pdf:吾妻鏡の性質及其史料としての価値
  HARA003.pdf:鎌倉時代の布教と当時の交通
  HARA004.pdf:貢院の春
  HARA005.pdf:鞦韆考
  HARA006.pdf:日本史上の奥州
  HARA007.pdf:東山時代における一縉紳の生活

 狩野亨吉(青空文庫より)
  KANOU001.pdf:天津教古文書の批判
  KANOU002.pdf:安藤昌益
  KANOU003.pdf:修善寺漱石詩碑碑陰に記せる文
  KANOU004.pdf:漱石と自分
  KANOU005.pdf:歴史の概念

 シナ史書(青空文庫より)
  CN001.pdf:魏志倭人伝
  CN002.pdf:後漢書倭伝
  CN003.pdf:宋書倭国伝
  CN004.pdf:隋書倭国伝

 波多野精一(青空文庫より)
  HATANO001.pdf:時と永遠

 高山樗牛(青空文庫より)
  CHOGYU001.pdf:一葉女史の「たけくらべ」を読みて
  CHOGYU002.pdf:人生終に奈何
  CHOGYU003.pdf:清見寺の鐘声
  CHOGYU004.pdf:滝口入道
  CHOGYU005.pdf:美的生活を論ず

 明治文学全集(青空文庫より)
  MEIJI001.pdf:新渡戸稲造:教育の目的
  MEIJI002.pdf:朝永三十郎:懐疑思潮に付て
  MEIJI003.pdf:朝永三十郎:学究漫録
  MEIJI004.pdf:竹越三叉:深憂大患
  MEIJI005.pdf:竹越三叉:世界の日本乎、亜細亜の日本乎
  MEIJI006.pdf:岩野泡鳴:神秘的半獣主義
  MEIJI007.pdf:加藤弘之:進化学より見たる哲学

 井上円了(青空文庫より)
  ENRYO001.pdf:失念術講義
  ENRYO002.pdf:妖怪学

 徳永直(青空文庫より)
  TOKUNAGA001.pdf:光をかかぐる人々

 戸坂潤(青空文庫より)
  TOSAKA001.pdf:科学方法論
  TOSAKA002.pdf:科学論
  TOSAKA003.pdf:空間概念の分析
  TOSAKA004.pdf:認識論とは何か
  TOSAKA005.pdf:イデオロギーの論理学
  TOSAKA006.pdf:技術の哲学
  TOSAKA007.pdf:技術的精神とは何か
  TOSAKA008.pdf:技術と科学との概念
  TOSAKA009.pdf:技術へ行く問題
  TOSAKA010.pdf:現代唯物論講話
  TOSAKA011.pdf:性格としての空間
  TOSAKA012.pdf:思想としての文学
  TOSAKA013.pdf:文芸評論の方法について
  TOSAKA014.pdf:所謂批評の「科学性」についての考察
  TOSAKA015.pdf:認識論としての文芸学
  TOSAKA016.pdf:日本の民衆と「日本的なるもの」

 佐々木味津三(青空文庫より)
  SASAKI001.pdf:旗本退屈男
  SASAKI002.pdf:右門捕物帖(一)
  SASAKI003.pdf:右門捕物帖(二)
  SASAKI004.pdf:右門捕物帖(三)
  SASAKI005.pdf:右門捕物帖(四)

 林不忘(青空文庫より)
  HAYASI001.pdf:丹下左膳(乾雲坤竜の巻)
  HAYASI002.pdf:丹下左膳(続乾雲坤竜の巻)
  HAYASI003.pdf:丹下左膳(こけ猿の巻)
  HAYASI004.pdf:丹下左膳(続こけ猿の巻)
  HAYASI005.pdf:丹下左膳(日光の巻)

 岡本綺堂(青空文庫より)
  OKAMOTO001.pdf:半七捕物帳(一)
  OKAMOTO002.pdf:半七捕物帳(二)
  OKAMOTO003.pdf:半七捕物帳(三)
  OKAMOTO004.pdf:半七捕物帳(四)
  OKAMOTO005.pdf:半七捕物帳(五)
  OKAMOTO006.pdf:半七捕物帳(六)

 直木三十五(青空文庫より)
  NAOKI001.pdf::南国太平記

 その他青空文庫
  ASNT001.pdf:三遊亭円朝:真景累ヶ淵
  ASNT002.pdf:デイヴィド・リカアドウ:経済学及び課税の諸原理

 プロジェクト杉田玄白
  PSGT001.pdf:ソースタイン・ヴェブレン:所有権の起源
  PSGT002.pdf:ジョン・スチュアート・ミル:自由について
  PSGT003.pdf:マックス・ウェーバー:職業としての科学
  PSGT004.pdf:デヴィッド・ヒューム:勢力の均衡について
  PSGT005.pdf:ニッコロ・マキャヴェリ:君主
  PSGT006.pdf:ジェイムズ・ジョイス:ダブリンの人たち
  PSGT007.pdf:ルイス・キャロル:不思議の国のアリス
  PSGT008.pdf:ルイス・キャロル:鏡の国のアリス
  PSGT009.pdf:L・フランク・ボーム:オズの魔法使い
  PSGT010.pdf:デイヴィド・H・ロレンス:プロシア士官
  PSGT011.pdf:デイヴィド・H・ロレンス:馬商の娘
  PSGT012.pdf:デイヴィド・H・ロレンス:牧師館の娘
  PSGT013.pdf:デイヴィド・H・ロレンス:菊の薫り
  PSGT014.pdf:ハンス・ライヘンバッハ:バートランド・ラッセルの論理学
  PSGT015.pdf:ハンス・ライヘンバッハ:合理主義と経験主義
  PSGT016.pdf:オットー・ノイラート:科学的世界把握
  PSGT017.pdf:マイケル・ファラデー:ロウソクの科学
  PSGT018.pdf:ロバート・L・スティーブンソン:宝島